Japanese Section
The Emerald Tablet of Hermes Trismegistus
Translated by Atsro Takasaki
Back to Japanese section

Preface by Translator

以下は、モーセ十戒のごとくにヘルメス神によって、緑玉の一枚板に刻み付けられたといわれる錬金術の原理、伝説である。記述の来歴は、数百年紀をさかのぼる伝説的な碑文であって、原典もエジプト語かギリシア語か、シリアのものにあるのか、判っていない。現代に伝わっている翻訳は、ラテン語によるもの故12世紀の偽書とも考えられ、アタナシウス・キルヒャーは「ライムンドウス・ルルス以前にはなかった」と主張している。

***

けれども西洋中世は、アラビアの叡智がこぞって流入されてくるヨーロッパ文明の曙である。時代の潮流のなかでラテン語への翻訳の暁をみて、長らく失われていたアリストテレス自然学までもが、アラビアの知識の中に生き残っていたことが確認されるのだ。

「自然」や「原因・元素」「創造の秘密」についての、まさにキリスト教社会を根本から揺さぶりかねない叡智に充ちた著述群が、アラビア世界で600年〜800年紀には成立していた。多くを教義(ドグマ)に依っていた中世スコラ学は、アラブの科学的方法を前に観察・経験に目覚め崩壊してゆく一方、聖トマスの指示によるアリストテレスの、ギリシア語からの直接翻訳に、哲学的権威のよりどころを求めることになる。

以上の事はいわば、錬金術的言辞の要約・要諦たるエメラルド板の起源が、ギリシア・インドの哲学、シリアの魔術・占星術、コプトを介したエジプトの知識を総合したアラビアの叡智にあることの証左になるだろう。

***

しかし、エメラルド板の価値は、その起源が古い処に有るかどうかではない。碑銘の内容、それが数百年紀にわたって術師たちに重要視され、注釈を付されてきたその事実そのものにこそ重要性があるのであって、起源についてあまりに拘泥することはあまり意味のないことに思われる。魔法導師エリファス・レヴィは「存在の単一性と上昇下降両方向における調和の単一性、段階的に比例して進む神の言葉、均衡の不動の法則と普遍的アナロジーの比例的前進、創造者と創造物の関係を計る目安となる理念と神の言葉との関係、有限界のただ一隅を量ることで証明される無限界の必然的数学、これらすべてがエジプトの大いなる秘儀司祭の命題ひとつで表現されている」ものであって、「自然のあらゆる創造行為をまねる方法を説いている」「《エメラルド碑》の名で知られる数行の条文に勝るものも比肩されるものもない」「一頁にまとめられた魔術の総体」とまで言っている。

ヘルメスのエメラルド板 [Emerald Tablet of Hermes]

何年も昔、研究者たちが集って碑銘そのものの翻訳とそれへの様々な論評を発表することにした。しかしグループは解散され、計画は成就しなかった。以下は、その計画の名残りから一部を紹介するものである。各詩句は、対照のために番号が付けられている。--ジョン・マーシャル


From Jabir ibn Hayyan.

ジャービル・イブン・ハイヤーンによる翻訳

0) バリナスは言及す、ヘルメスの手によりて板に刻まれたもの、そは斯く語る。

1) こは疑いなく、真実なり! 必然なり!

2) 上なるものは下なるものより出で来らん、下なるものは上なるものより出で来らん、一者の奇蹟はかく作用す。

3) まことに一者より万物は来る。

4) 「太陽」はその父、そして「月」はその母。

5) 「大地」はそを胎内に宿し、「風」はそを胎内に育んだ。

7) かくして「大地」は、火と燃ゆるであろう。

7a) 偉大なる力によりて、精妙なるものより「大地」へと供給せよ。

8) それは地より天へと昇り、上なるもの下なるものすべてを支配す。

14) 我、かつて記すに二大著を要したものごとのすべての核心をここに述ぶ。

[Holmyard 1923:562. ]


Another Arabic Version (from the German of Ruska, translated by D'Anonymous').

アラビア語の他の版(ルスカの著作より、ダノニモスの翻訳による)

0)以下はナブルスの聖者サジウスが、秘密の洞穴を見い出したバリナスに関して述べたものである。「洞へとはいってゆくと、そこには護符がもうけられており、そこに私は黄金の玉座につく老人と遭遇した。彼は手にエメラルド版を持っていた。そして以下を見よ、古代シリア語で、そこには書かれていた。」

1)これなるは真実の言葉、なんらの疑いも関与し得ない。

2)証言す、下より来たる上、そして上より来たる下。こは唯一なるものを現出さす奇跡の作業である。

3)そして事物は、ただひとつのしぐさによって、この第一質料より来たり。素晴らしきはこの作業!これこそは世界の中心でありそれを補完せるもの。

4)その父は太陽であり、その母は月。

5)風はその体内に彼物をつつみ、大地はかのものをはぐくんだ。

6)護符の始祖と奇跡を守る者、

6a)それらの力は完全で、それらの光はみいだされた。

7)大地となる火。

7a)火より大地を分離せよ。さすれば汝、配慮と賢明によって、粗雑なものより内在するの精妙なるものを見い出すであろう。

8)そは地上より天界へ立ち昇り、自らが高き光の軌跡を描かんとす。かくして地上に下る。しかるに、その内部には、上なるものと下なるものの鬩ぎ合いあり。

9)光の光が内在するがため、そを前にして闇は消え失せる。

10)作用の作用。そはあらゆる精妙なるものよりきたり、あらゆる粗雑なものに浸透する。

11)小宇宙の構造は、大宇宙の構造に起因する。

12)叡智によって前進せん。

13)それを熱望するは、叡智への三重の栄誉を与えられしヘルメスである。

14)そしてこれは洞に封印された、完全なる著述である。

[Anon 1985: 24-5]


Twelfth Century Latin

12世紀ラテン語

0)我、洞穴に迷いし時、ザラディの碑銘を授与された。それはヘルメスの手ずから書き記され、そこには以下の文言が見い出された。

1)真実、虚偽なく、正確に、このうえなく確かに。

2)上なるものは下なるもののごとし、そして、下なるものは上なるもののごとし。唯一なるものの驚異を実現する。

3)万物は唯一なるものの意志により来たるがゆえ、かくして森羅万象は唯一絶対のものより力を受けうまれ出ず。

4)「太陽」はその父、「月」はその母。

5)「風」は子宮にそを孕み、「大地」は乳にてそを育む。

6)そは、全世界の驚くべきすべての被造物の父、その意志、テレスマである。

6a)その動力因は、まったく申し分なく完全無欠である。

7)もし地へ蒔くならば、

7a)そは火より地を、総体より精妙を分離せん。

8)偉大なる受容の力で、そは地上より天界へと立ち上る。

再びそは地上へと下降し、上なるもの下なるものの活力を取り戻す。

9)かくして汝、世界を明確に観る栄誉を受け取るであろう。すべて曖昧なるものは、汝からきえさるであろう。

10)これは、すべての力の中でもっとも力強い力動因であり、すべて精妙なるものよりきたり、すべての固体を貫き通す。

11a)かくして世界は創造された。

12)これより驚くべき適合は生まれ、これこそが奥義の成就となる。

13)それを書き記したが故に、私はヘルメスと呼ばれる。全世界の三部の叡智を持っているからである。

14)そして私が『Galieni Alfachimi』の書によりて「太陽」の作用について既に述べたことには欠けたところはない。

[From Latin in Steele and Singer 1928: 492.]


Translation from Aurelium Occultae Philosophorum..Georgio Beato

『Aurelium Occultae Philosophorum』Georgio Beatoからの翻訳

1)これは真実で、いつわりの目隠よりかけはなれている。

2)なにごとも下なるものは、上なるものに相似している。

こういうことを通じて、唯一絶対の現出という奇蹟は獲得され成就する。

3)一者の熟慮によって万物は唯一絶対より作られ、かつまた、結合によって万物はこの一者から産まれる。

4)その父は太陽、母は月。

5)風は子宮にそれを孕み、

その乳母は大地、すべての完全なるものの母。

6a)その力は補完される。

7)それが地に蒔かれたならば

7a)火より地を分離し、原料と過程から潜在する微妙なものを分かつ。慎重に、慎みと叡智によって。

8)これは地上から空へ上昇し、そして空から地上へまた降りてくる。そうして上なるものと下なるものを超越した活力、効力を身に着ける。

9)この手段で、汝は全世界の栄光を手に入れるであろう。そして汝はすべての影と盲目を退け得るであろう。

10)それは不屈の精神で、凡てのほかの剛勇と力による勝利を奪い取るものである。

それは、すべての繊細なものとあらゆる粗雑で堅いものを貫き通し、征服し得る。

11a)このようにして、世界は創造されたのだ。

12)そしてそれ故に、その驚異の結合と驚嘆すべき作用、これが、これら奇蹟の達成されるであろう方法だからである。

13)してこれがために、皆は我をヘルメス・トリツメギストスと呼ぶ、我が全宇宙の三部の叡智と哲学をもつがゆえに。

14)太陽の作用について述べた我が演説これにて終る。

[Davis 1926: 874.]


Translation of Issac Newton c. 1680.

アイザック・ニュートン1680

1)こは真実なり、偽りなしの、確かな、まさに真実。

2)唯一なるものの奇跡の実現にあたっては、下なるは上なるのごとし、上なるは下なるのごとし。

3)そして、万物は一者の適合により、一者より来る。

なんとなれば、万物は適合によってこの一者に起因す。

4)「太陽」はその父「月」はその母、

5)「風」はそれを胎内に宿し、「大地」はその乳母である。

6)全世界の、あらゆる完全性の父は、ここにいる。

7)その作用と力は完全である。それが地に転換されれば、

7a)甘美にも偉大なる手腕によって、地より火を、粗雑より精妙をわかつ。

8)それは地上より天へと昇って再び地へと戻り、優れたもの劣ったものの作用因を身に付ける。

9)この手段により、汝は全世界の栄光を手に入れるであろう、そしてそれが故にこそ、すべての曖昧は汝より去るであろう。

10)その作用はすべての作用を超越している。それゆえ、それはいかなる精妙なるものをも征服し、いかなる堅きものをも貫き通す。

11a)かくして世界は創造された。

12)これそのものが、かつ、これが成し遂げること。それが、驚くべき適合である。手段と過程はここに記された。

13)我はヘルメス・トリツメギストスと呼ばる、全世界の哲学の三部分を持つからである。

14)太陽の作用について私が言ったことは、完了し終わった。

[Dobbs 1988: 183-4.]


http://www005.upp.so-net.ne.jp/macrocosm/alchemy/alchemy.html